“凹面鏡”の読み方と例文
読み方割合
おうめんきょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は時計がもう午前三時になっているのに気がつかないでらの棚から手文庫を下ろした。その中には円い大きな凹面鏡が、むきだしのまま入っているのである。
軍用鼠 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その向う側が見える装置を作り「透視術」だなどといって家内の者を不思議がらせて見たり、ある時は、庭一杯に凹面鏡をとりつけて、その焦点で焚火をして見たり、又る時は
湖畔亭事件 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
と遠藤博士は苦笑しいしい金ぶち眼鏡をかけ直して、ピカピカ光る凹面鏡を取り上げた。松浦先生の口をあけさせて、とりあえず喉頭鏡を突込んでみたが、そこいらに骨は見当らなかった。
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)