“円枝”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えんし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円枝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いま高座に出ているのは、若いが達者な、はなし家の浮世亭円枝えんしである。刷毛目の立った微塵縞みじんじまの膝に両手を重ねて、
釘抜藤吉捕物覚書:11 影人形 (新字新仮名) / 林不忘(著)