“八王子”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はちおうじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“八王子”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
此辺はもと徳川様の天領てんりょうで、おさめ物の米や何かは八王子はちおうじ代官所だいかんしょまで一々持って往ったものだ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
天然理心流二代目近藤三助さんすけは武州多摩郡加住かずみ村の出、八王子はちおうじを中心に多摩地方の農村富農の子弟を「武術」の上で組織した。
新撰組 (新字新仮名) / 服部之総(著)