“八文字”の読み方と例文
読み方割合
はちもんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昔から度々れましては又再願をして又立ったと申しますが、其の頃贅沢な女郎がございまして、吉原の真似をして惣門内で八文字で道中したなどと
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
治良右衛門は、妙なことに、お巡りさんの制服を一着に及んで、八文字の立派なつけをつけていた。それが、やさしい接待係りの声で客に物を云っているのが、一種気違めいた感じを与えるのだ。
地獄風景 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
八文字ふむや金魚のおよぎぶり
自選 荷風百句 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)