“信寵”の読み方と例文
読み方割合
しんちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分への高時の信寵は、いまでも変らぬものとは自負するが、北条一族人のすべてが、自分へ好意的なわけでもない。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
同時に、いったい、博多の町人というこの宗室、宗湛のふたりは、なにをもってかくまで信長の信寵をうけているのだろうかを、注意せずにいられなかった。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ついにその虎を刺し殺したことから非常に魏王の信寵をうけて今日に至った人物です
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)