“何小二”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かしょうじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“何小二”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
馬は、きずの痛みでうなっている何小二かしょうじを乗せたまま、高粱こうりょう畑の中を無二無三むにむさんに駈けて行った。
首が落ちた話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
何小二かしょうじは軍刀をほうり出すと、夢中で馬のくびにしがみついた。
首が落ちた話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)