“伝馬牢”の読み方と例文
読み方割合
てんまろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多勢扈従して来ているからその者たちの手をかりれば、無造作に、伝馬牢から救い出すことができると思う。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「わたしじゃないのさ。……会っているのは、与力衆と、伝馬牢の同心だよ」
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『もう伝馬牢には入りきれません。牢普請でもしていただかなければ——』
鍋島甲斐守 (新字新仮名) / 吉川英治(著)