“伊勢湾”の読み方と例文
読み方割合
いせわん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして広い琵琶湖上から伊勢湾のほうへ抜けようとする途中で雪を降らせるというのであるらしい。
伊吹山の句について (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
雲のあなたに隠れて見えなかった静岡湾を始め伊勢湾あたりまでが手にとるように明瞭に出る。
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「それは地名だよ。伊勢湾の伊勢と同じことだよ。しかし一説に『笑いの海』の黒ずんだ形がなんとなく笑っている人間の横顔みたいだから、それで笑いの海というのだと説く人もある」
大宇宙遠征隊 (新字新仮名) / 海野十三(著)