“仔細無之”の読み方と例文
読み方割合
しさいこれなく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
用番老中水野越前守忠邦の沙汰で、九郎右衛門、りよは「奇特之儀なし」文吉は「仔細無之構なし」と申し渡された。それから筒井の褒詞を受けて酉の下刻に引き取った。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)