“仔狸”の読み方と例文
読み方割合
こだぬき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして高い高い狸山は、一本の生木もないやうに焼かれてしまひました。火事のあとで、村の人達が上つて行つて見ますと、百穴の中から、ひ出して来た古狸も仔狸も、皆な焼け死んでゐました。
馬鹿七 (新字旧仮名) / 沖野岩三郎(著)