“仏部”の読み方と例文
読み方割合
ぶつべ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから「仏部昧耶」に移り、さらに「蓮華三昧耶」に移った。それから右手を空に振り、「臨、兵、闘、者、皆、陳、烈、在、前」——バッバッと九字を切ったのである。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)