“仏凝”の読み方と例文
読み方割合
ほとけご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どだい兄公殿が、少し仏凝りが過ぎるでのう——。自然うらまで、そんな気風がしみこむようになったかも知れぬぞ——。時に、お身のみ館の郎女も、そんな育てはしてあるまいな。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)