“今体”の読み方と例文
読み方割合
こんたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
放翁古体今体を混じて千以上の詩篇を作りしに非ずや。ただ驚くべきは蕪村の作が千句く佳句なることなり。
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)