“仇敵討”の読み方と例文
読み方割合
かたきう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ははあ、仇敵討ちかな、とおやじは思ったが、あまり立ち入ったことをいうと、危険なような気がしたので、黙っていた。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
とにかく、仇敵討ちってのは穏和じゃあねえ。次第によっちゃ腕貸しねえもんでもねえから、さあ行くべえ。
あいつがこう乙な声を出して、率爾ながらしばしお待ちを願う、お呼びとめありしはそれがしか——なんてことになると面白えんだがなあ。仇敵討ちだぜ、きっと
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)