“人馬立辻帳”の読み方と例文
読み方割合
じんばたてつじちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時、庄屋方から差し出してあった人馬立辻帳、宿勘定仕訳帳等の返却を受けて、そんなことで屋敷から引き取った。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
さしあたり一行三人のものの仕事は、当時の道中奉行都筑駿河守が役宅をね、今度総代として来たことを告げ、木曾宿々から取りそろえて来た人馬立辻帳なぞを差し出すことであった。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
道中下方掛りの役人らの間にもしきりに扇子が動いた。その時、徒士目付は奉行の意を受けて、庄屋側から差し出した人馬立辻帳の検閲を終わったら、いずれ三人に沙汰するであろうと言った。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)