“人造大理石”の読み方と例文
読み方割合
じんぞうだいりせき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
タクマ少年が、僕の袖をひいて立ちらせたのは、上品な店舗の前だった。白と緑の人造大理石りめぐらし、黄金色まばゆきパイプを窓わくや手すりに使ってあった。
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)