“人性主義”の読み方と例文
読み方割合
ヒューマニズム100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは欧洲文芸復興期の人性主義が自然性からだんだん剥離して人間だけが昇華げ、哀れな人工だけの絢爛が造花のように咲き乱れた十七世紀の時代様式らしい。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)