“人道主義”の読み方と例文
読み方割合
ヒューマニズム100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昼間の、灼かれようともけない人道主義の天使が、夜は、想像もされない別貌をしてあらわれたのだ。
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
そうして、座間は黒人の神となった。生涯を、熱地の狂人にささげ、藪草にうずもれようとも、あわれな憑依妄想から黒人を救いだそうとする——座間は人道主義の戦士だった。
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)