“人々心得”の読み方と例文
読み方割合
にんにんこころえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こうして大石内蔵助以下寺坂吉右衛門にいたるまで四十八人の血判がすんだ時、さらに当夜の人々心得が議にせられた。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)