“人々齡”の読み方と例文
読み方割合
よはひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
暴馬は街はづれにて、立木に突きあたりて止まりぬ。車中よりは、人々齡四十の上を一つ二つえたる貴人の驚怖のあまりに氣をはんとしたるを助け出だしき。