“乾二”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けんじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乾二”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「廿四日。微雨。朝上陸。大病院下宿和島屋某へ著。本藩兵隊東京府迄引揚可申旨。尤明朝十字乗船之事。斎藤勘兵衛、河野乾二けんじ生口拡いくちひろめ病者為纏居残被仰付。」斎藤勘兵衛、二十七歳。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)