“乱達縞”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
らんたつじま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乱達縞”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
されど貞之進は失望というわだかまりがあって、とかくこの座が面白くない、面白くないと思うと、一から十までことごとく面白くない、花次が上に着て居る白っぽい乱達縞らんたつじまの糸織の袷も面白くなく、下に着て居る古渡の更紗も面白くなく
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)