“乞索児”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きっさくじ50.0%
ほかいびと50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乞索児”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会 > 社会学6.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それ故に昔から「乞食こつじき」或いは「乞索児きっさくじ」と書いて、「ほかいびと」と読んでおります。
穢物えもつを扱うものを穢人えびととは、お蔵を預るものを蔵人くらびと祝言ほかいをする人を乞索児ほかいびとという類で説明される。
「エタ」名義考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)