“中郎将”の読み方と例文
読み方割合
ちゅうろうしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陵が匈奴るよりも早く、ちょうどその一年前から、漢の中郎将蘇武胡地に引留められていた。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
気勢をあげて、押し進むと、途中で董卓の女婿中郎将牛輔も、残兵五千をつれて、合流した。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その後先生はどうしたかと、時おり、思い出すのでしたが、近頃うわさに聞けば、盧植先生は官に仕えて、中郎将に任ぜられ、今では勅令をうけて、遠く広宗(山東省)の野に戦っていると聞きます。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)