“下縁”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
したふち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“下縁”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そうして唇の下縁したふちの深い、痛々しい陰影の前まで来ると、そこでちょっと停滞して、次第次第にまんまるい水滴の形にふくれ上って行くと同時に、仄暗ほのぐら安全燈ラムプの光りを白々と、小さく、鋭く反射し初める。
斜坑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)