“三宅花圃”の読み方と例文
読み方割合
みやけかほ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
萩の屋門下の夏子と龍子——三宅花圃女史——の評を求めたおり、歌子は、龍子は紫式部であり夏子は清少納言であろうと言ったとか、一葉も自分で
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
この界隈の長唄の師匠では、これが一番繁昌して、私の姉も稽古に通った。三宅花圃女史もここの門弟であった。お花さんは十九年頃の虎列剌でしまって、お路久さんもつづいて死んだ。
思い出草 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
この界隈の長唄の師匠では、これが一番繁昌して、私の姉も稽古にかよった。三宅花圃女史もここの門弟であった。お花さんは十九年頃のコレラで死んでしまって、お路久さんもつづいて死んだ。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)