“三十女”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さんじうをんな50.0%
さんじふをんな50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“三十女”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
清は鏡子を車寄せの方へ導いて行つた。旅客りよかくは怪しむ様に目をこの三十女さんじうをんなに寄せた。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)