“一粒金丹”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いちりゅうきんたん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一粒金丹”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ただ津軽家の秘方ひほう一粒金丹いちりゅうきんたんというものを製して売ることを許されていたので、若干そこばくの利益はあった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
棠軒は福山藩から一粒金丹いちりゅうきんたんを買うことを託せられていたので、この任を果たすかたわら、故旧の安否を問うたのである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)