“金田一”の読み方と例文
読み方割合
きんだいち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それよりも前だったか後だったか、金田一京助博士と野球の弓館小鰐君と、私との三人が、ラジオで鼎談会をやったことがある。
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
金田一氏が最近公にせられた尊敬すべき業績によって私に考えると、アイヌの英雄を歌った叙事詩はアイヌ人の狩猟本位の生活、部族割拠の生活から生まれた戦闘を主題としたものの如く解せられ
啄木の友人も、年々すくなくなり、今では金田一京助博士をはじめ、片手の指にも足りないだろう。啄木という男は、社会人としては、厄介な人間であった。
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)