“一学”の読み方と例文
読み方割合
いちがく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そのおり、よそながら一学は、おすがたをしておりましたが、わずか一年のうちに、見ちがえるばかりなご成長……」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
親分さん——さんの出入りの御屋敷で御目見以上というと、三軒しかありません。一軒は金助町園山若狭様、一軒は御徒士町の吉田一学様、あとの一軒は同朋町篠塚三郎右衛門
とりのこされた一学は、なにか、急病不快でも起したのかと思っていたが、それから、待てどくらせど、神主の返辞もなければ神官たちの応接もない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)