“一向宗”の読み方と例文
読み方割合
いっこうしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長崎上筑後町一向宗の寺に、勧善寺と云うのがある。そこへ二十歳前後の若い僧が来て、棒を指南していると云うのである。一行は又長崎行の舟に乗った。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
何か力んで、落首に同感をあらわしながら、庶民をきつけている者があれば、それはきまって、三好党臭い牢人者か、さもなければ、一向宗の法師だった。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
初め一向宗の者共は、自分たちの生存をかされたゝめに奮起したので、元来は受け身の立ち場であったが、戦をしてみると思いの外弱い敵なので、だん/\図に乗って来たのであった。