“ムチ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:むち
語句割合
50.0%
50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丹波道主の家から出る「八処女」の古い姿なのである。此神女は、伊勢に召されるだけではなかつた。宮廷へも、聖職奉仕に上つてゐる。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ふかぶちのみづやればなの神・しこぶちなどからなども、水神に絡んだ名前らしく思はれる。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ふかぶちのみづやればなの神・しこぶちなどからなども、水神に絡んだ名前らしく思われる。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
海北は、宗像三女神の総称となつてゐるが、同じ神と考へられて来た丹波の比沼神に仕へる丹波貴は、東山陰地方最高の巫女なる神人の家のかばねであつた。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ふかぶちのみづやればなの神・しこぶちなどからなども、水神に絡んだ名前らしく思はれる。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ふかぶちのみづやればなの神・しこぶちなどからなども、水神に絡んだ名前らしく思われる。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)