“ヒステリー”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:ひすてりー
語句割合
歇私的里50.0%
弊私的里25.0%
比斯呈利12.5%
私歇的里12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その当時強烈であった彼女の歇私的里ヒステリーは、自然と軽くなった今でも、彼の胸になお暗い不安の影を投げてやまなかった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
細君のるときは歇私的里ヒステリーの起った時に限るように健三には思えてならなかった。彼はようやく立ち上った。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
弊私的里ヒステリー発作ほつさが過ぎた、そのあとの沈んだ気分きぶん氛囲気ふんゐきに、
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
弊私的里ヒステリー発作ほつさが過ぎた、そのあとの沈んだ気分きぶん氛囲気ふんゐき
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
一種の比斯呈利ヒステリー性幻視力が具わっていたに違いないのだよ
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
実は、先刻さっき神意審問会の情景を再現してみたのですが、その場ではしなく、ダンネベルグ夫人が、驚くべき第二視力者セカンド・サイターであり、彼女に比斯呈利ヒステリー性幻視力が具わっていたのを知ることが出来ました。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
こほろぎが鳴いてゐる……あれほど執拗しつこく人を苦めた白い濃霧の集団までがもう黴の毛ほどの細かい初秋の啜り泣きとなつて消え散つて了ひ、霊岸島の瓦から瓦へ、ただ幽かに薄明るい露のしめりがチラチラと夜光虫の漣波の如うに私歇的里ヒステリーの蒼い光をすべらし
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)