“弊私的里”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ヒステリー66.7%
ヒステリイ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
弊私的里発作が過ぎた、そのあとの沈んだ気分氛囲気
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
弊私的里発作が過ぎた、そのあとの沈んだ気分氛囲気
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
そのなかに絶えず恐るる弊私的里の看護婦の眼と
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
れたる硝子より弊私的里つ。
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)