“スタンダード”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
標準50.0%
標準型25.0%
標準的25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは個人的天才を脱落したる集団的性格である一九三二年度を代表する一つの標準である。
(新字新仮名) / 中井正一(著)
と言って数万円もする標準型の撮影機が買える見込は、当分のうちはなさそうである。
映画を作る話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
先生のこの主義を実行している事は、先生の日常生活を別にしても、その著作『日本歴史』においてかにう事が出来る。自白すれば余はまだこの標準的述作を読んでいないのである。