“コンビネーション”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
混合33.3%
結合33.3%
結合動作33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
併し、常磐津、長唄、管絃楽と、能がかりな科白とオペラの合唱のようなものとの混合コンビネーションは、面白い思いつきと云う以上、何処まで発育し得るものであろう。
印象:九月の帝国劇場 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
もし、それが真実だったら、この朦朧とした結合コンビネーションには
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「明察だ。いかにも、易介はダンネベルグ事件の共犯者なんだ。あの行為の目的は、云わずと知れた毒入り洋橙オレンジの授受であったに相違ない。それを、あれほど明白な結合動作コンビネーションを——。今の今まで、君の紆余うよ曲折的な神経が妨げていたんだぜ」と熊城は傲然ごうぜんと云い放って
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)