“ゑば”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
げに自然やわざが、心を獲んためまづ目をとらへんとて、人の肉體やその繪姿ゑすがたに造れるゑば 九一—九三
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
命も音も絶えて無し。ゑばに飽きたる唐獅子からじしも、
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)