“ゆとり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
余裕96.2%
融通3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ほとんどが、火に気をとられて、何を顧みる余裕も持たなかったので、若人輩は、難なく花嫁を奪って、土塀の外の濠をもってしまった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その働きぶりには以前に比して、いくらか用意とか思慮とかいう余裕が出来て来た。小僧を使うこと、仕入や得意を作ることも巧みになった。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)