“やっかみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
嫉妬100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その男が、今日このごろはいっそう兇暴になって、随全寺の一件なぞを嫉妬やっかみし、毎日のように付け廻しては同棲を迫るが、自分はもうあんな男にはこりごりだと、いつかも寝物語に所化へ洩したとのこと。