“みるみる”の漢字の書き方と例文
語句割合
看々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
看々みるみる涙のほほかわけるあたりに、あやしあがれる気有きありて青く耀かがやきぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
途端にもう汽車は出るのでした。直ぐ出ました。看々みるみるうちに遠くなって、後は万歳の声ばかり。
昇降場 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)