“どんぶり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
98.6%
盃洗1.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
弥平爺は、しばらくの沈黙の後、腹掛けのどんぶりを探りながら言った。そして、鞣革なめしがわの大きな財布を取り出した。
蜜柑 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
傍にはささばかり残った食べ荒しのすしの皿やからになったどんぶりのようなものがほうり出されてあった。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「小手調べはこれで済んだ。お次は本芸の水術だ。……ここに大きな盃洗どんぶりがんある。盃洗の中へ水をぐ」
柳営秘録かつえ蔵 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)