“たけみかづち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
建御雷66.7%
建甕槌33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
建御雷たけみかづち響きわたらし夏雲やすでに向伏むかふしもつ国原
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
天の安の河の河上の天の石屋いはやにます、名は伊都いつ尾羽張をはばりの神、これ遣はすべし。もしまたこの神ならずは、その神の子建御雷たけみかづちの神、これ遣はすべし。
答へて白さく「は大物主の大神、陶津耳すゑつみみの命が女、活玉依いくたまより毘賣に娶ひて生みませる子、名は櫛御方くしみかたの命の子、飯肩巣見いひがたすみの命の子、建甕槌たけみかづちの命の子、やつこ意富多多泥古」とまをしき。