“せぜ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
瀬瀬50.0%
世々25.0%
瀬々25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見渡せば河しも遠し河しもの瀬瀬せぜにうつれる春花はるはなのかげ
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
調布たづくり瀬瀬せぜのかみしも、
海豹と雲 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
我が身はもとのままの継橋つぎはしというのがございまして、人をして自ら度せずというのが、またこれ菩薩の本願なのでございます。生々しょうじょう父母ぶも世々せぜ兄弟はらからのことごとく成仏してしかして後に我れ成仏せん
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
貫川ぬきがは瀬々せぜのやはらだ」(やはらたまくらやはらかに寝る夜はなくて親さくる妻)となつかしい声で源氏は歌っていたが「親さくる妻」は少し笑いながら歌い終わったあとの清掻すががきが非常におもしろく聞かれた。
源氏物語:26 常夏 (新字新仮名) / 紫式部(著)