“じゅうねん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
十念66.7%
十年33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さかしらは御無用じゃよ。それよりは十念じゅうねんなと御称え申されい。」と、嘲笑あざわらうような声で申したそうでございます。
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「それはそうよ、なにもこちとらが遊行上人を逆さに振ってみようとは言わねえ、その上人をめあてに集まる近国の有象無象うぞうむぞうども、そこに一つの仕組みがあるんだ、上人は上人でお十念じゅうねんを授けている間に、こちとらはこちとらで自分の宗旨を弘める分のことよ」
大菩薩峠:07 東海道の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
もっともあのかたはみずから一流をはつめいなされましたほどの名人、それにくらべたらわたくしなどはものゝかずでもござりませぬが、清洲のおしろで十年じゅうねん春秋はるあきをすごしまするあいだ、あけくれおくがたのおそばをはなれず
盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)