“じゃしゅう”の漢字の書き方と例文
語句割合
邪宗100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まずこの力を破らなければ、おお、南無大慈大悲の泥烏須如来! 邪宗惑溺した日本人は波羅葦増天界)の荘厳を拝する事も、永久にないかも存じません。
神神の微笑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
切支丹の邪宗を禁じて南蛮寺った豊臣秀吉の遺策を受け継いだ幕府では、オランダ人からポルトガル人に領土的野心があると云う密書を得てからその禁止に全力を傾けた。
切支丹転び (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)