“じゃくえもん”の漢字の書き方と例文
語句割合
雀右衛門100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分は絵馬堂げてある子別れの場の押絵の絵馬や、雀右衛門か誰かの似顔絵の額をめたりして、わずかにめられて森を出たが、その帰り路に、ところどころの百姓家の障子のから
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
かつての上方女形雀右衛門の住居であったと聞くこの宿。お勝手や細廊下に働く人影も、小庭にりた竹のすがたも、みな道頓堀の名女形といわれた主のかたみかと、なんとなく朝寒のいじらしい。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)