“しんりやく”の漢字の書き方と例文
語句割合
侵略100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同時に「自我」といふものが少しづゝ侵略されてくやうに思はれた。これは最初ので、少時つとまたに他の煩悶が起つた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
早い話が阿父のやうな壓制君主までも、此處だけは治外法權として、何等の侵略へ得ない奴さ。痛快だ。いや、出まい。蟹も穴籠をしてゐた方が安全だからな。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)