“しんみり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
深厚50.0%
粛然50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この齢に成れば、曲りなりにも自分の了簡もすわり、世の中の事も解つてゐると云つたやうな勘定ですから、いくら洒落気しやれつきの奴でも、さうさう上調子うはちようしに遣つちやゐられるものぢやありません。其処そこは何と無く深厚しんみりとして来るのが人情ですわ。かうなれば、貴方、十人が九人までは滅多に気が移るの、心が変るのと云ふやうな事は有りは致しません。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
甚五衛門はカラカラと哄笑した。それから粛然しんみりと云うのであった。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)