“しんとみちやう”の漢字の書き方と例文
語句割合
新富町100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
京橋の新富町に、小松将棋所といふのがあつた。こゝの主人は小松三香と云ひ、将棋は四段であつたが、ある日、わたしがたづねて行くと
駒台の発案者 (新字旧仮名) / 関根金次郎(著)
いたかい。はゝゝゝは。」さんはともへぬほどしさうに笑つて、「頼むぜ。さん。かう見えたつてりながら役者だ。伊井一座の新俳優だ。明後日から新富町よ。 ...
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)