“しんごうとう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
信号灯50.0%
信号燈50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
信号灯標識灯かしらないが、色電灯がついているのが見える。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
交叉点のところへかかると、まだ、信号燈がまにあわぬとみえて、ばたんばたんと、ゴーストップの機械をまわして、見張りの巡査がピリッピリッと、そのたびにらしていました。
はととりんご (新字新仮名) / 小川未明(著)